未分類

ワイヤレスイヤホンの価格や特徴など

ワイヤレスイヤホンについて

2016年秋に、Apple「iPhone 7」シリーズがヘッドホン出力端子を廃止して以降、Bluetooth方式のワイヤレスヘッドホン&イヤホンが急激に普及しています。

実際、ここ1~2年で過去の数倍に匹敵する新製品が各社から登場しています。

いまやヘッドホンやイヤホンの主流といえる製品になりつつあります。

そのなかでも、高い人気を誇っているのが完全ワイヤレスイヤホンと呼ばれる、左右別体のイヤホンです。

その代表例といえるのがアップルのAirPodsで、こちらが発売されて以降、大きく注目を集めるようになり、現在はさまざまなメーカー/ブランドから数多くの製品がラインアップされています。

ワイヤレスイヤホンの選ぶポイント

形状

完全ワイヤレスイヤホンは耳につける部分だけで固定します。

付け方・付け心地はとても重要です。

カナル型、耳かけ型、インナーイヤー型の種類があり、付け方もさまざま。

自分の耳にあったタイプを選びましょう。

充電

左右分離になり、小型・軽量になった完全ワイヤレスイヤホン。

小さいがゆえに電池のもちも気にしたいポイントです。

ほとんどの機種にイヤホン本体を入れるケースが付属していて、セットすると追い充電ができるようになっています。

連続で使用できる時間はおおむね3時間くらいになりますので、長時間の使用時は、時折ケースに入れて充電をしながらの使用となります。

最新の接続方式である「TWS Plus」に対応するプレーヤーとイヤホンを選べば、より長く使用が可能です。

音質

Bluetooth接続だと極端に音質が悪くなってしまうというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最近のモデルは意外と音質が良かったりします。

理由は、aptXやAACなどの比較的音質が良いコーデックに対応するモデルが増えているからです。

高音質という言い方は難しいですが、日常の使用で問題なく楽しめるものです。

ソニー製品同士であれば「LDAC」というコーデックでハイレゾ音源に近い音楽を楽しめます。

接続性

完全ワイヤレスイヤホンは、プレーヤーからもワイヤレス接続、左右を繋ぐのもワイヤレス接続となります。

無線の技術が上がっているとはいえ、やはり音の途切れは出てしまいます。

たとえば電車の中だったり、人が多い場所だったり、強い電波干渉があるような場所でも接続が切れてしまうような事があります。

このデメリットは音楽を楽しむ上でなるべく避けたいポイントだと思います。

実際に使用している方のレビューなどを参考にした方が信頼性、信憑性が高いと思います。

ワイヤレスイヤホンを比較

AirPods(Apple)22,800円

iPhoneのために作れた完全ワイヤレスイヤホンのAirPods。

ただ見た目は好き嫌いがあると思うのでそこは好みです。

音質の特徴としてはバランスがよくフラットで良く言われるのが聞き疲れせず、どんなジャンルにも合うです。

だた低音を重視されている方にとっては物足りないので別の候補を探すことになるでしょう。

機能に関してはW1チップのおかげで瞬時のペアリングやタッチ操作がストレスフリーで行えます。

1回の充電で5時間の音楽再生、付属の充電ケースなら、15分充電するだけで3時間の再生できる急速充電にも対応しています。

MacやiPhoneに最適化され、自動でON自動で接続はとても便利です。

耳に付けると再生や外すと停止、AirPodsからのSiriを起動、通話も可能で周囲のノイズを除去して声を鮮明に聞こえるようにしてくれます。

Xperia Ear Duo(SONY)24,880円

デュアルリスニングという「周囲の音を聞きながら、音楽やコミュニケーションを楽しめるイヤホン」下掛けスタイルという変わった付け方となります。

例えば周囲の音をいつでも聞ける状態ながら音楽を聞きたい方や交通量が多い場所でのランニングなど、人それぞれで様々なニーズに答えられそうです。

またクアッドビームフォーミングマイクで、音声認識・通話品質を向上。

状況に合わせた天気・ニュース・予定の読み上げや、受信したLINEメッセージの読み上げをしてくれます。

SoundSport Free(BOSE)25,920円

商品名から見ればスポーツ用途を想定され、IPX4の防滴仕様。

1回の充電で最大5時間の連続再生と完全ワイヤレスイヤホンの中では最長級です。

ランニングやスポーツ時にはうれしいStayHear+ Sportチップは軽量で外れにくいデザインで長時間の使用でも快適に。

音質もBOSEの培われた技術で音量に合わせて最適化するイコライザーとデジタル信号処理により、どんな音量でもクリアでバランスのとれたサウンドです。

完全ワイヤレスイヤホンは紛失リスクが高いですが、Bose Connectアプリで紛失した場所を特定することもできます。

WF-SP900N(SONY)26,880円

SONY SP700の後継機となります。

進化ポイントは4GBのメモリーを搭載し、イヤホン本体に約920曲の音楽を取り込めることです。

これにより、スマホなしで音楽を聞くことができ、ランニング時により身軽になれるメリットがあります。

またアンテナ構造等を刷新することで、低遅延と左右の安定した接続を実現し、ワイヤレスイヤホンの弱点を克服しています。

また小型化、個人にあった装着感、IP65/IP68相当の防水防じん対応(水没可能なレベル)、イヤホンに搭載されたマイクにより環境音を取り込み、利便性と安全性もを両立しています。

カラーはスポーティーなイエローの他にブラック、ホワイトの3色から選ぶことができます。

Elite Active 65t(Jabra)24,880円

Jabraは創業約150年の伝統あるデンマーク王国企業です。

スタイリッシュな北欧デザインで防塵・防滴IP55対応、Bluetooth5.0で途切れにくく4つのマイクにより風切音/ノイズ低減したハイエンドモデル。

5時間の連続再生と完全ワイヤレスイヤホンの中では長め、充電ケースと合わせると最大15時間のロングライフバッテリーです。

ペアリングもケースから外すだけと簡単便利です。

中高域のクリアさ、音量を上げるとズンズンと迫力ある低域はまさに他を圧倒するクオリティ。装着感も良く、遮音性がしっかりしているので音楽に集中できます。

また防水+外音も取り込めるので、ランニングなどの運動にもおすすめです。

専用アプリJabra Sound+を使えば2年保証へ無料アップグレード、日本語音声ガイダンス対応(言語選択)、イコライザー機能で自分好みの音源にカスタマイズ可能となっています。