未分類

マネーフォワードの登録方法やプレミアム会員について

マネーフォワードについて

『マネーフォワード』は資産管理・家計簿管理ができる個人向けのサービスです。

ユーザー数は現在、650万人にまでのぼります。

2600以上の銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイントに対応していて、連携しておけば自動で家計簿に書き込んでくれるのが特徴です。

スマホアプリだけでなく、Webブラウザでも利用可能です。

パソコンでも家計簿を確認できるので、様々なシーンで活躍します。

そんなマネーフォワードは家計簿アプリとしてはNo.1の知名度と人気を誇っています。

特徴

マネーフォワードで銀行口座やクレジットカードを連携すると利用明細が自動で反映されるようになります。

たとえば、月々の家賃や電気代、ガス代、食費などいままで手動で管理していた面倒な手間がなくなるというわけです。

使いやすさも抜群なので、家計簿アプリで迷ったらまずはマネーフォワードを使ってみるのをおすすめします。

対応金融機関

大手家計簿アプリのマネーフォワードは、 対応している金融機関の数がNo.1 です。

対応数は2,600件以上と家計簿アプリの中では断トツの数字です。

そもそも家計簿アプリは銀行やクレジットカードとの連携が大事なのですが、対応していない金融機関などを使っていると連携ができません。

しかしマネーフォワードなら業界トップの対応数を誇っていますので安心です。

ユーザー数

マネーフォワードは ユーザー数も650万と非常に多いです。

ユーザー数が多いことで、実際に使ってみて分からない事があっても自分が分からないことを他のユーザーも経験しているため、調べればすぐに答えが出てきます。

細かい使い方や他のユーザーが感じた疑問などがパッと分かるので、これは大変ありがたいです。

確定申告

自分で確定申告をしている方は、マネーフォワードと連携したMFクラウド確定申告がおすすめです。

日頃からのマネーフォワードによる管理が、そのままMFクラウド確定申告に連携できるので、余計な手間がさらに省けます。

マネーフォワードのプレミアム会員

基本的には無料版でも問題なく利用できるのですが、プレミアム版にすると機能がより充実したものになります。

月額制となっていて、iOSが月額480円(税込)、Androidが月額500円(税込)で利用可能です。

・「一括更新」:連携している全口座を、一括で情報更新できる。

・「マンスリーレポート」:家計・資産を月次でまとめて評価してくれる。

・「資産内訳・推移グラフ」:グラフで資産の変動をチェック。株や預金など資産別に分かれている。

・「負債内訳・推移グラフ」:グラフで負債の変動をチェック。負債が減っていくのが目に見える。

・「ポイント有効期限の通知」:クレジットやポイントカードの有効期限をプッシュ通知でお知らせ。

・「引落し残高不足時の通知」:銀行の残高不足をプッシュ通知でお知らせ。

・「CSVダウンロード」:入出金履歴をCSVファイル形式でダウンロードできる。

マネーフォワードの登録方法

アプリをダウンロードして、まずはアカウント登録をしましょう。

アプリを起動後、「次へ」を何度かタップして、アカウント作成画面に進みます。

メールアドレスとパスワードを入力し、「同意してはじめる」をタップするとサービスが利用できるようになります。

GoogleやYahoo!のアカウントでも登録可能です。

その後プロフィールやお金の管理についていくつかの質問に答えていきます。

簡単な質問なので、この作業は1分程度で終わります。

最後に自分がよく利用している銀行とクレジットカードを選択します。

ここで選んでおけば、この後すぐに金融機関との連携作業に進めます。

これでアカウントの登録は完了です。

金融機関の登録

連携までの流れ

銀行口座やクレジットカードと連携しておけば、口座残高や引き落とし金額などがアプリからチェックできるようになります。

「口座」画面を開いて、Androidは右下のアイコン・iOSは右上の追加ボタンをタップします。

次に連携先を選択します。銀行・証券・カードなどのカテゴリを選び、自分が利用している金融サービスを選びましょう。

注意点として、銀行口座やクレジットカードを持っているだけでは連携できないということ!です。
マネーフォワードはインターネット上の口座と連携しているので、オンラインバンキングやWeb明細書サービスへの登録が必要です。
オンラインバンキングに登録するのに、1週間~2週間ほどかかることもあります。早めに準備しておきましょう。

マネーフォワードの便利機能

手持ちの現金を管理できる「財布機能」

財布の中にいくら現金が入っているのか「財布機能」を使って、アプリで簡単に確認できるようにしましょう。

財布の残高を、新しく口座として登録することで管理できます。

作り方は簡単です。

「金融機関の登録・連携方法」画面の右上に「財布作成」とあるのでタップします。

財布の名前とお手元の金額を入力して、口座の登録は完了です。

財布と銀行口座が連動していて、ATMから引き出すと財布残高が自動で増えます。