終電を寝過ごしたら不思議な場所についた

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/14(木) 19:09:15.55 ID:hlPstcEq0

ぼんやりとした頭で外を見ると静かに電車が止まっていた。

振り返って駅名を見ると『風の分岐点』。

こんな地名あったか、と思ってドアの上にくっついている路線図を見ると、なるほど確かにある。

『猫尾っぽ』『狐尾っぽ』『クリーム木星町』……『風の分岐点』。

渋谷がねぇ。

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/14(木) 19:22:07.40 ID:hlPstcEq0

で、さらにここは終点だった。

「マジかよッ」

携帯を開くと案の定圏外だ。

どっ、と絶望と疲れとがのしかかってきて、椅子に身体を預ける。

ふと上を向けば釣り下がっている広告が扇風機の風に揺れていた。

『ダズニャックのまたたび酒、今年は十年に一年の当たり年!』

『取り換え式小指(箪笥の角用)』

『前の彼とは、違う笑顔。(新にこやか薬)』

並行世界、というのだろうか、こういうのは。

ため息をひとつついて立ち上がる。

とりあえず降りてみない事には何も分からない。

よく見ると電車内に残っている客は俺一人だけではなかった。

向かい合っている座席の、反対側の端に座っていた男が今荷物をまとめて、外に出ようとしている所だ。

ぴょこぴょことせわしなく動く、三毛の耳が生えている。

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/14(木) 19:29:37.47 ID:hlPstcEq0

「あ、あのっ!」

「んー?」

中々精悍な顔つきの割に、その返事はのったりとしたものだった。

降りる彼に思わず声をかけた。

無人駅に二人きりでいる。

「どしたで?ニィはどっかで会った事あるかいニャ?」

少しイントネーションや語尾は違うが、とりあえず言葉が通じることに安心した。

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/14(木) 19:39:14.87 ID:hlPstcEq0

「てか、ニィ、……黒髪……」

「ん?髪?」

震える手で指さす先には俺の黒髪があった。

その手にも三毛がびっしりと生えていることに少々驚く。

黒髪がそんなに珍しいのだろうか。

周りに人が居ないので判断がつかない。

「はーっ、初めて見たげな、黒て。 ニィはどっか遠いとこから来たんち?」

「あ、ああ、東京の銀座から……」

「??」

やはり通じないみたいだ。

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/14(木) 19:47:10.84 ID:hlPstcEq0

「まあ、遠いとこならよく来やったでな、こんなさびぃ駅に」

彼は名をツガと言った。

この駅の近くで酒屋を経営しているらしい。

無精ひげ(頬に三本ずつある猫ひげではない)のせいで老けて見えるが、まだ14歳らしい。

俺の年を言ったら逃げ出しそうな勢いで驚いた。

「はあ?!29?! あ、アンタすぐに申請したら世界記録やんでそんなん……29て……よぼよぼやんけ……見た目12かそこらなのに」

寿命の基準も違うとは。

・・・不思議だ(´・ω・`)

この話は一体・・・(´・ω・`)??

▼次のページへ▼